一粒書房

一粒書房が口コミで人気を集める理由とは

一粒書房で自費出版!


一粒書房は自費出版専門の会社です。

こんな希望はありませんか?

●自費出版の方法がわからない
●価格を安く抑えたい
●とりあえず相談したい
●アドバイスがほしい

このような方には特に喜ばれているようです。

一粒書房は1冊から1,000冊くらいの少部数を考えている人には最適の出版社です。

創業65年で、年間500冊の本を出版している少部数出版の専門会社でせす。

人気を集めるポイントは4つです。


@低価格
外注せずに自社で印刷から製本まで全てできるので、コストを安く抑えることができています。
例えば、B6判で、300ページの本を100部作りたい場合は、20万2千円です。
カバーはソフトカバーがついています。
このように他の出版社では100万円近くするような費用も、かなり安く抑えることができるようです。


A高品質
創業65年のノウハウがあるので、本屋さんに並んでいても決して見劣りしないデザイン に優れているようです。


Bフォロー
初めて出版する人は不安なものです、ですので、見積もり段階から アドバイザーが無料で相談に乗ってくれるので安心です。


C販売フォロー
自分では難しい販路のフォローもしっかりやってくれるそうです。
例えば、アマゾンや書店流通などもしっかり面倒を見てくれるとの事です。



このように一粒書房は少部数の作成から販売まで一貫して安い価格でフォローする事ができるので 人気を集めているようです。

一粒書房
販売サイトへ

一粒書房へ相談してから出版までの流れとは

一粒書房
について


一粒書房は見積もりまでは完全に無料です。

最初は一粒書房公式サイトからメールで見積もり依頼を送ります。
内容は、本のサイズやページ数など概算で問題無いようです。

次に概算見積もりが送られてきます。
ここで、値段的に問題無いと思ったら詳細内容について一粒書房の担当さんとメールか電話で打ち合わせです。
表紙のデザインや使用する紙などの内容です。

そして、現行の入稿です。
メールなどで送ると、内容を精査してくれ、最終的な見積もりを提出してくれます。

この見積もりが最終見積もりになるので、出版するか否かを決定してください。

ここまでは完全に無料でできます。


一粒書房と出版契約すると、デザインや校正版をもらえます。
内容を確認して問題無ければ印刷と製本が始まります。

納品はあなたの自宅でもいいですし、指定の場所まで納品してくれます。

一粒書房が安心できると評判の理由とは

一粒書房
について


一粒書房は今までの信用と実績があるので、信頼されているようです。

出版関連で多いトラブルが共同出版です。

あまり聞いた事のないような出版社から連絡が入り、
『あなたの本は3千部以上は売れるので、一緒に出資して出版しませんか?』
などという内容です。

言われるがまま、出資したところ、全く売れずに大きな赤字になるなど結構沢山あるようです。

実のところ、50部くらいしか印刷せずに、出資者からの出資をだまし取っているだけなのです。

その点、一粒書房は歴史も実績も豊富なので安心できます。

まずはチェックしてみましょう。

一粒書房
販売サイトへ
こちらのサイトでは、 一粒書房の自費出版に関しての紹介をしています。 おすすめ人気ランキングや 自費出版に関する 出版社や詐欺写真集など図書館のメリットや電子書籍の 見積もりなどメリットのある費用や相場など文化賞を受賞した トラブルやベストセラーを含めた格安目安など経費の比較や 絵本の販売の市場規模で売る販売の二次選考通過など 連絡の文芸社や価格や貸出のデメリットなど広告や 寄贈用検索など選定図書や無料に関しての情報も掲載予定です。

株主優待で得をする!